So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
高校野球 ブログトップ
前の10件 | -

第100回甲子園の優勝予想 [高校野球]

 いよいよ明日5日から始まる夏の甲子園です。
 
 開幕カードで、星稜が登場します。

 松井が始球式担当なので、星稜同士の対決になるかどうか注目です。

 優勝候補としては、大阪桐蔭、智弁和歌山、横浜などが挙げられていますが、ガチガチにマークされるので、それ以外のチームが優勝しそうな気がします。

 Gゾーンに有力校が並んでいるので、こちらを勝ち残ったところが優勝まで突き進んで行くような気がします。

 ちなみに、昨年は花咲徳栄を予想しました!

 https://officekaji.blog.so-net.ne.jp/2017-08-07

 今年の組み合わせのゾーンごとにベスト8を予想していくと、

 Aゾーン聖光学院、Bゾーン浦和学院、Cゾーン星稜、Ⅾゾーン大阪桐蔭

 Èゾーン前橋育英  Fゾーン横浜  Gゾーン木更津総合 Hゾーン日大三です。

 この中でも、あえて大胆な予想をすると木更津総合と浦和学院の決勝で木更津総合が千葉で久しぶりの優勝です。

 近年勝ち抜く高校のポイントは、複数の投手と強力打線です。

 木更津総合は、2年生投手根本と1年生篠木に力があるので、波に乗ると怖いです。
  
   渋谷区代々木、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!  
nice!(0)  コメント(0) 

第100回大会甲子園出場56校が決まりました! [高校野球]

7月30日で、甲子園出場56校がすべて決まりました。

北北海道 旭川大高 南北海道 北 照  青 森 八戸学院光星 秋 田 金足農
 
岩 手 花巻東   山 形 羽 黒   宮 城 仙台育英 福 島 聖光学院

茨 城 土浦日大  栃 木 作新学院  群 馬 前橋育英 東千葉 木更津総合

西千葉 中央学院  北埼玉 花咲徳栄  南埼玉 浦和学院 東東京 二松学舎大付

西東京 日大三   北神奈川 慶應義塾 南神奈川 横 浜  山 梨 山梨学院 
 
静 岡 常葉大菊川 東愛知 愛産大三河 西愛知 愛工大名電  岐 阜 大垣日大  
    
三 重 白 山   長 野 佐久長聖  新 潟 中 越   富 山  高岡商

石 川 星 稜   福 井 敦賀気比  滋 賀 近 江   京 都  龍谷大平安

北大阪 大阪桐蔭  南大阪 近大付    東兵庫 報徳学園  西兵庫  明石商

奈 良 奈良大付  和歌山 智弁和歌山  岡 山 創志学園  広 島  広 陵  

鳥 取 鳥取城北  島 根 益田東   山 口 下関国際  香 川 丸亀城西   

徳 島 鳴 門   愛 媛 済 美   高 知 高知商   北福岡 折尾愛真 

南福岡 沖学園   佐 賀 佐賀商   長 崎 創成館   熊 本 東海大星翔

大 分 藤 蔭   宮 崎 日南学園  鹿児島 鹿児島実  沖 縄 興 南   


 今回は、予想は、本命25 対抗13 三番手5の43校が当たりました!

 昨年の、20-10-5の35校を超えました。

 本年は、参加校数が56校と多いですが、それを考慮しても満足できる結果でした。 

 新潟の日本文理、三重の三重、北福岡の九州国際大付など本命が早くに敗退する波乱もありました。
 
 また、健大高崎、東邦、広島新庄などは、本命に推していましたが、決勝で対抗に惜しくも敗れました。

 しかし、全体的には大阪桐蔭、横浜、聖光学院、星稜など順調に勝ち進んだ高校も比較的多かったといえます!

 東北地区は、宮城を除き、本命がすべて勝ち残り、また、関東地区は、南埼玉の浦和学院以外は、昨夏か今春に甲子園出場しており、出場校は安定した力を持っているといえます。
        
 次回は、甲子園本大会の優勝予想をしてみます!   
     

   渋谷区代々木、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!
nice!(0)  コメント(0) 

第100回夏の甲子園出場校予想 ⑩四国 [高校野球]

本日は、予想の最終回、四国地区の4県の予想です。

香 川 <本命>大手前高松  <対抗>英 明  <三番手>寒 川

大手松高松は、打力が看板です。
英明は、2年生エース黒河が成長しました。
高松商、尽誠学園、観音寺総合も差がなく続きます。
投手では、丸亀の速球派右腕東山に注目です。
         
徳 島  <本命>鳴 門  <対抗>鳴門渦潮  <三番手>生光学園 
 
鳴門は、左腕西野を中心に2年生が中心の若いチームです。
連続出場を狙う鳴門渦潮は、鈴江の復調がカギです。
悲願の初出場を狙う生光学園は、山口、湯浅の強打で勝負池田の2年生右腕白川に注目です。 
                                 
高 知  <本命>明徳義塾  <対抗>高知商  <三番手>高 知

9年連続を狙う大本命の明徳義塾は、エース市川に続く投手陣の整備が課題です。
高知商は、強打のチームになり、打倒明徳を目指します。
高知は、エース中屋を中心に投手陣が充実しています。
土佐、高知追手前なども力があります。
                 
愛 媛  <本命>松山聖陵  <対抗>聖カタリナ  <三番手>済 美
   
松山聖陵は、エース土居の速球に力があります。
聖カタリナは、打線に力があります。
斉美の投打にまと待っています。
西条、宇和島東、新田、小松も力があります。
      
渋谷区代々木、梶田税理士・社会保険労務士・司法書士事務所です!


       

            


   
nice!(0)  コメント(0) 

第100回夏の甲子園出場校予想 ⑨中国 [高校野球]

きょうは、中国地区です。 あと残すは中国地区と四国地区です。

岡 山  <本命>創志学園  <対抗>おかやま山陽  <三番手>倉敷商

創志学園は、西、中山、草加と速球派が揃います。投打に力があります。
おかやま山陽は、有本の復調が期待されます。
倉敷商は、ドラフト上位候補の引地な活躍がカギを握ります。
岡山学芸館・関西も力があります。
                          
広 島  <本命>広島新庄  <対抗>広 陵  <三番手>盈 進 

広島新庄は、竹7邉・桑田の投手陣が強力です。
広陵は、速球派森が昨夏から成長しました。
三番手以下は、盈進、瀬戸内、広島国際学院、尾道、西条農、
呉港、呉、如水館と差がなく続き大混戦です。

鳥 取  <本命>八 頭  <対抗>鳥取商  <三番手>米子松蔭

春の県大会制した八頭は機動力、鳥取商は打力、米子松蔭は昨夏甲子園を経験したエース辰己の投手力があります。
鳥取城北、米子北も差がなく続きます。

島 根  <本命>石見智翠館  <対抗>開 星  <三番手>立正大淞南            
           
石見智翠館は、エース靏が復調すれば優勝に近いです。
開星は、昨夏甲子園を経験した中村が安定しています。
益田東、大社、平田、大東などが追う展開です。

山 口  <本命>下関国際  <対抗>高川学園  <三番手>早 鞆    
 
センバツ出場の下関国際は、エース鶴田が安定しており、投打のバランスが取れています。
早鞆の右腕畑村も速球に力があります。
昨年センバツ出場の宇部鴻城、春の県を制した宇部工等も上位を狙う力があります。

次回は、いよいよラスト四国地区の予想です。

 渋谷区代々木、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!   
                    
nice!(0)  コメント(0) 

第100回夏の甲子園出場校予想 ⑧近畿 [高校野球]

今回は、8回目近畿地区です。

滋 賀 <本命>近 江 <対抗>比叡山  <三番手>彦根東
            
選抜出場の近江、彦根東に比叡山が加わり混戦です。
近江は、主砲北村を軸に打線が強力です。
彦根東は、左腕増居が大黒柱です。  
滋賀学園、近江兄弟社も上位を狙う力があります。
                         
京 都  <本命>乙 訓  <対抗>立命館宇治  <三番手>龍谷大平安
         
乙訓は、右の川畑・左の富山、龍谷大平安は、小寺・島田の両右腕に力があります。
京都翔英、東山は、十分優勝を狙う力があります。

北大阪  <本命>大阪桐蔭  <対抗>履正社  <三番手>関大北陽

大阪桐蔭は、柿木、根尾、横川と盤石の投手陣です。
履正社は、左腕清水など2年生の活躍に期待です。
関大北陽も、左腕久保を中心に力があります。
春の大会で善戦した寝屋川、ドラフト候補の羽田野を擁する汎愛の戦いにも注目です。

南大阪  <本命>大体大浪商  <対抗>近大付  <三番手>興 国

100回大会で、南大阪の高校にチャンスが出てきました。
大体大浪商は立石、近大付は左腕大石が柱です。
久しぶりの出場を狙う興国の他、初芝立命館や東大阪大柏原も力があります。
公立校では、大塚は打力があり、要注目です。                   

東兵庫  <本命>滝川二  <対抗>市尼崎  <三番手>神戸国際大付   

滝川二、市尼崎は投打にまとまりがあります。
神戸国際大付は谷口、報徳学園は小園と主砲の活躍がカギを握ります。
須磨翔風の強肩捕手荒川にも注目です。
     
西兵庫  <本命>明石商  <対抗>西脇工  <三番手>社  
明石商がリードしています。
1年生の中森・来田にも期待がかかります。
三田松聖、三田学園の三田勢にも力があります。
東洋大姫路の復活にも期待がかかります。 
 
奈 良  <本命>智弁学園  <対抗>天 理  <三番手>高田商

智弁学園は、打線にも迫力が出てきました。
天理は、強打者太田が大黒柱です。
高田商は好投手赤井を擁します。

橿原学院、法隆寺国際も力があります。

和歌山  <本命>智弁和歌山  <対抗>市和歌山  <三番手>日高中津  

智弁和歌山は、伝統の強打が健在です。
投手では、和歌山東の中村、初芝橋本の杉中に注目です。
箕島は、田川、西岡、森を中心とした打力で上位を狙います。

次回は、中国地区です!
    
渋谷区代々木、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です。
nice!(0)  コメント(0) 

第100回夏の甲子園出場校予想 ⑦北信越 [高校野球]

今回は、北信越地区です。

長 野  <本命>佐久長聖  <対抗>上田西  <三番手>松商学園

佐久長聖、上田西は投打ともにまとまっており、1歩リードです。
松商学園は、昨夏活躍のエース直江がカギを握ります。
進学校の松本深志は、双子の投手小林綾、絃に注目です。

新 潟  <本命>日本文理  <対抗>中越  <三番手>関根学園

日本文理は、鈴木、新谷の投手陣が引っ張ります。
中越、関根学園も好投手を擁します。
加茂暁星、北越、新潟明訓も上位を狙う力があります。
              
富 山  <本命>高岡商  <対抗>富山商  <三番手>高岡第一

高岡商の左腕山田、富山商の右腕沢田とドラフト候補の投げ合いが楽しみです。
高岡第一、富山国際大付、南砺福野も好投手を擁し注目です。
砺波工は、投手陣が豊富で接戦に強いです。         
       
石 川  <本命>星 稜  <対抗>日本航空石川  <三番手>金 沢

星稜は、エース奥川を中心に1・2年生に興選手がおり、伸び盛りです。
日本航空石川は、主砲上田をはじめ強力打線が看板です。
金沢も打線に力があります。
金沢学院、遊学館も上位を狙っています。
     
福 井  <本命>坂 井  <対抗>福井工大福井  <三番手>福井商

昨夏出場の坂井は、投打にまとまり安定しています。
福井工大福井、福井商の他、啓新、敦賀気比、北陸の差がなく続きます。
昨秋優勝の金津もエース斉川が安定してきました。
上位進出の力があります。
           
次回は、近畿地区の予定です。

渋谷区代々木、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です。

                
      
nice!(0)  コメント(0) 

第100回夏の甲子園出場校予想 ⑥東海 [高校野球]

きょうは、東海地区です。 これで、予想も後半に入ります。

静 岡  <本命>静 岡    <対抗>常葉大菊川  <三番手>東海大静岡翔洋 
  
秋・春県連覇の静岡は、投打に安定しています。
昨夏出場の藤枝明誠、常葉大橘も差がなく続きます。
公立校では、掛川西、市沼津、島田商に注目です。

東愛知  <本命>愛産大三河  <対抗>豊 川  <三番手>豊橋中央 

愛産大三河は、エース松原を中心に堅実な野球で22年ぶりの夏の甲子園を目指します。
桜丘に県立の大府、豊田工、安城も差がなく続きます。

西愛知  <本命>東 邦  <対抗>愛工大名電  <三番手>中京大中京

東邦は、2年生の石川、熊田と強打者が並び打線の破壊力は、ずば抜けています。
愛工大名電、中京大中京はレベルの高い選手がそろい、夏の大会に照準を合わせてくるため、要注意です。
誉は、春の県大会を制し、悲願の初出場を狙います。
前中京大中京監督の大藤氏が指揮を執る享栄、西春も注目です。

岐 阜  <本命>中京学院大中京  <対抗>県岐阜商  <三番手>大垣日大  

中京学院大中京は、不後-藤田の2年生バッテリーがチームを引っ張ります。
県岐阜商は、前秀岳館監督の鍛治舎氏の采配に注目です。
大垣日大は、昨夏出場の修行、杉本コンビが復調すれば優勝争いに加わってきます。 
帝京大可児、市岐阜商も力があります。
           
三 重  <本命>三 重  <対抗>津田学園  <三番手>菰 野

三重は、定本、福田など投手陣が充実しています。
昨夏出場の津田学園は党出陣の整備が課題です。
                
菰野は、田中に2年生の岡林とドラフト候補の投手がそろってり、打線の整備が課題です。
フト候補の速球は岡林をはじめ、いなべ総合、津商も力があります。
          
次回は、北信越地区の予定です。

渋谷区代々木、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!           
nice!(0)  コメント(0) 

第100回夏の甲子園出場校予想 ⑤東京 [高校野球]

きょうは、東京の2校の予想です。

東東京  <本命>関東一  <対抗>二松学舎大付  <三番手>帝 京

関東一は、強肩強打の捕手石橋を中心に強打のチームです。
都立高では、第1シードを獲得した小山台に注目です。
日大豊山も力があります。
  
西東京  <本命>日大三  <対抗>早稲田実  <三番手>国士館  

日大三は、中村、2年生の井上、廣澤と投手陣が強力です。
投打に充実しています。早稲田実は、野村がホームランを量産しており、打線は強力です。
国士舘は、石井、井田、草薙の左が投手三人に力があります。  
昨夏出場の東海大菅生、創価、佼成学園にも力があります。
日大鶴ヶ丘の勝又はドラフト候補の右腕でプロも注目しています。
           
次回は、東海地区の予定です。

渋谷区代々木、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!                        
                        
nice!(0)  コメント(0) 

第100回夏の甲子園出場校予想 ④関東 [高校野球]

今日は、関東地区です。
 
夏の甲子園は、東海大相模、作新学院、花咲徳栄と関東が3連覇しており、今年は4連覇を目指します。

栃 木  <本命>作新学院  <対抗>国学院栃木  <三番手>青藍泰斗

作新学院は、栃木県8連覇を目指します。
その他、白鴎大足利、佐野日大、文星芸大付と私立校が優勢です。
県立高では、小山南、宇都宮南に期待です。
                         
群 馬  <本命>健大高崎  <対抗>前橋育英関東学  <三番手>園大付  

健大高崎は、機動力に加えて本年は長打力を備えた打線が看板です。 
藤岡中央の好投手門馬に注目です。
市太田も打力があり、上位進出が期待できます。
有力投手を4人そろえる前橋育英が夏の連戦を考えると1歩リードししています。 
健大高崎の機動破壊も健在です。
常磐のエース山上も力があります。県立高の高崎にも注目です。  

茨 城  <本命>常総学院  <対抗>明秀日立  <三番手>霞ヶ浦  

常総学院は2年生エース岡田が成長し、優勝争いに加わってきます。
水戸商も久しぶりに上位を狙います。                   
石岡一のエース岩本の速球に注目です。
                    
北 埼 玉  <本命>花咲徳栄  <対抗>春日部共栄  <三番手>上 尾
  
甲子園連覇を目指す、花咲徳栄は3年生野村と1年生井上と強打者を擁し1歩リードです。 
久しぶりの甲子園を目指す上尾はエース木村の他、投手陣が充実しています。
栄北、本庄第一、春日部東、昌平も力があります。

南 埼 玉  <本命>浦和学院  <対抗>山村学園  <三番手>市川越 

浦和学院は、左腕佐野、右腕渡邉と二枚看板で5年ぶりの甲子園を目指します。 
春に県ベスト4のふじみ野も力があります。
投手では、埼玉栄の米倉、山村学園の2年生エース和田に注目です。

東千葉  <本命>木更津総合  <対抗>拓大紅陵  <三番手>千葉黎明    
 
木更津総合は、2年生根本が本調子であれば、投手陣は強力です。
成田、東海大市原望洋が続きます。
県立高では、幕張総合、安房に注目です。

西千葉  <本命>習志野  <対抗>中央学院  <三番手>専大松戸

流通経済大柏も力があります。
投手では、20年ぶりの甲子園を目指す八千代松陰の190㎝
右腕の清宮(せいみや)に注目です。

北 神 奈 川  <本命>東海大相模  <対抗>桐光学園  <三番手>慶應義塾  

神奈川は、北地区に強豪が集まった感があります。
東海大相模は、1年生の強打者西川が頭角を現してくるようだと面白いです。
その他、横浜商大高、向上が続きます。
     
南神奈川  <本命>横 浜  <対抗>鎌倉学園  <三番手>湘南学院

横浜は、エース板川、2年生及川、1年生松本と力のある左腕がそろっています。
日大藤沢、公立校の金沢にも力があります。
藤嶺藤沢の左腕矢澤はプロ注目です。
                 
山 梨  <本命>山梨学院  <対抗>東海大甲府  <三番手>駿台甲府

3年連続を目指す山梨学院は、左腕垣越に注目です。
東海大甲府も投打に力があります。
駿台甲府の他、帝京三、日本航空も力があり、差がなく続きます。

次回は、東京地区の予定です。

渋谷区代々木、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です。
                    

                
nice!(0)  コメント(0) 

第100回夏の甲子園出場校予想 ③東北 [高校野球]

今回は、東北地区に参ります。

東北地区は、各地区の中でも、秋田県を除き、私立の常連校が有力です。

青 森  <本命>八戸学院光星  <対抗>弘前東  <三番手>青森山田 

近年は、八戸学院光星・青森山田の2強時代が続いていましたが、本年は、弘前東が優勝争いにからんできます。強打者桜庭に注目です。
その他、公立校では弘前工、青森が春の県大会ベスト4 に進出して注目です。
         
秋 田  <本命>金か農  <対抗>明 桜  <三番手>由利工  

金足農の吉田、明桜の山口、由利工の佐藤と好投手を擁しています。
その他、能代松陽・大曲も力があります。
           
岩 手  <本命>花巻東  <対抗>専大北上  <三番手>盛岡中央    
                    
花巻東が秋・春の県大会を制しています。
岩手県は、ここ20年以上公立校が甲子園に出ていません。
県立高では、春ベスト4の盛岡三と来年のドラフト上位候補剛腕佐々木を擁する大船渡に注目です。 
                     
山 形  <本命>羽 黒  <対抗>日大山形  <三番手>酒田南  
     
羽黒のエース佐藤の速球に注目です。
山形中央、山形城北にも力があります。

宮 城  <本命>東 北  <対抗>仙台育英  <三番手>古川学園

東北は、葛岡、古川原、中山と投手陣が充実しています。
仙台育英は、秀光中で指揮を執っていた須江新監督の下で再起を図ります。
利府、柴田、石巻、角田の公立勢にも力があり、注目です。

福 島  <本命>聖光学院  <対抗>学法石川  <三番手>磐 城

聖光学院は、12年連続を目指しています。
秋・春と県大会と東北大会を制しています。エース衛藤が戻れば万全です。
日大東北、福島商、光南も力があります。      
                     
次回は、激戦の関東地区の予定です。

渋谷区代々木、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!
        


       

       
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 高校野球 ブログトップ