So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

BNPパリバマスターズ [テニス]

  ATPツアーは、今回パリで行われるBNPパリバマスターズが最終戦です。

 この大会の成績により、来月にロンドンで行われるATPツアーファイナルに

 参加できるかどうかが決まります。

  昨日は、ロブレドに勝ち、きょうはツォンガ戦です。

  毎回、強敵が続きます。 一緒に応援しましょう!

  渋谷区代々木、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です! 
nice!(0)  コメント(0) 

錦織選手と上海オープン [テニス]

  錦織選手は、先々週のマレーシアオープンと先週のジャパンオープンテニスで、

 初の大会2連勝を果たしました。

  今週は、上海オープンです。

  こちらは、四大大会に次ぐ、グレードの高い重要な大会です。
 
   TOP10先週は、すべてエントリーしています。

  錦織選手は、臀部に痛みがあるといことで心配ですが、ツアーファイナル出場へ向けて、

  3連勝目指して頑張ってほしいです。

  しかし、大会のグレードで、東京の大会が上海に抜かれるというのは、寂しいですね。

   渋谷区代々木、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!
nice!(0)  コメント(0) 

全米オープンの報道 [テニス]

 錦織圭選手が、日本人で初めて決勝進出したことで、全米オープンは盛り上がりました。

今回の報道の加熱ぶりは、凄いものでした。

錦織選手準優勝のニュースは、スポーツ紙のみでなく一般紙でも一面トップを飾りました。

  ただ、今回の報道は錦織圭に偏りすぎていると個人的には感じました。

 今回は、車いす部門で、男子の国枝慎吾選手と女子の上地結衣選手がともに単複二冠を

 果たしました!

  女子ダブルスでは、クルム伊達公子選手が、43歳でダブルス4強入りを果たしました。
  
 これも、すごいことなので、もう少し万遍なく報道してほしいなと思いました。

  渋谷区代々木、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!
  


nice!(0)  コメント(0) 

ウィンブルドン2011 [テニス]

 今年のウィンブルドンが終わりました。

 女子は、クビトバ選手です。 

  今回は、ベスト4のアザレンカ、リシッキー、クビトバが

 21歳、シャラポワもまだ24歳ということで、メンバーが

 若くなりました。

  クビトバは、サウスポーからの強力サーブ、フォアストロ

 -クで勝ち上がりました。

  チェコ出身の選手では、ナブラチロワ、ノボトナ以来3人

 目の優勝選手だそうです。

  また、サウスポーの優勝者も、女子は男子に比べて少なくて、

 アン・ヘイドン=ジョーンズ(イギリス)、ナブラチロワ以来

 3人目だそうです。

  往年の大選手ナブラチロワのようにネットプレーに磨きをかけ

 れば、プレーの幅が広がり、更に強くなると思います。

 日本勢で活躍した土居美咲選手も、左です。

 これから、女子はサウスポーの時代が到来でしょうか?

  準優勝のシャラポワも、ケガから大分復調してきました。

 あとは、長身からのファーストサーブが決まるようになれば、

 来年は優勝を狙えると思います。

  男子は、ついにジョコビッチが安定したストロークで、ナダル

 を下しました。 

  これまで第三の男と呼ばれ続けてきましたが、これで名実
 
 ともにNO.1となりました。

  セルビア初のウィンブルドンチャンピオンです。

  おめでとうございます!

  アンディー・マレーも、ナダルから第1セットを取った時のよ

 よに、サーブが決まるようになれば、あと数年後は、マレーも、

 トップの座を狙える位置に来たといえます。

  来年は、ロンドン五輪もあるので、アンディ・マレーには、もの
 
 すごい期待がかかるような気がします。

  プレッシャーにならなければ良いですが…

 次の全米では、ジョコビッチ、ナダル、フェデラー、マレーの他に、

 今回復調してきたデル=ポトロは、2009年にタイトルを取って

 いるので、優勝争いに加わってくるのではないかと思います!

 渋谷区代々木、梶田税理士・社会保険労務士・司法書士事務所です! 

  

  

 

全仏テニス [テニス]

 昨日で、全仏テニスが終わりました。

 女子は、中国の李娜選手が、アジアで初のグランドスラム

 タイトルを手にするという快挙を成し遂げました。

  日本で、現在NO.1の森田あゆみ選手も、初勝利を挙げ

 ました。 両手パックハンドで、体格やプレースタイルも、

 近いところがあるので、彼女の力強いストロークは、大いに

 参考になると思います。

  錦織圭選手とともに、今後の活躍を期待しています。

 男子は、今年に入ってから、ジョコビッチ選手が無敗で、

 絶好調といわれていましたが、結局ナダルとフェデラーが、

 貫禄で決勝に勝ち残りました。

  今回は、フェデラーが久しぶりに好調で、これまでの決勝

 の中でも、もっともナダルに善戦しました。

  結局セットカウント3-1で、ナダルがボルグに並ぶ6度目

 の優勝を果たしました。

  第1セットで、5-2とリードしながら、逆転されたので、ここ
 
 で1セット先に取っていれば、流れは変わっていたような気が

 しています。

  この調子だと、もともとグラスコートの得意なフェデラーが

 ウィンブルドンでは、ナダルに対して、更に接戦に持ち込む

 ことができると予想され、非常に楽しみです!

 渋谷区代々木駅前、梶田税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!
  

シャラポワ婚約! [テニス]

 少年隊の東山さんが、結婚したというニュースが賑わして

 いますが、テニス界では、シャラポワさんが、プロバスケット

 NBA選手のブヤチッチさんと婚約したというニュースが流れ

 ています。

  シャラポワさんは188㎝、ブヤチッチさんは201㎝という

 超ビッグカップルです。

 この二人のお子さんが、将来生まれたら、また超ビッグに

 なりそうです。

 2年前の2008年の全豪以来、4大タイトルから遠ざかって

 いますが、まだ23歳なので、これを機に復活を願っています!

 渋谷区代々木駅前の税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!

ナダルが生涯グランドスラム達成! [テニス]

 全米オープンテニスで、ナダルがジョコビッチを3-1

 で下して、初優勝しました。

 これで、昨年のフェデラーに続き、生涯グランドスラムの

 達成です。

  これまで、ナダルは、全米オープンのハードコートを

苦手にしていましたが、サービスやネットプレーを強化し、

 速いコートにも、対応できるようになったナダル選手の

 努力の賜物だと思います。

  最近、フェデラーに全盛期の力がなく、ここ1年以上、
 
 フェデラーとナダルの対戦がありませんが、次の全豪では、

 是非この2人の対決を見てみたいと願っています!

 渋谷区代々木駅前の税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!
 

錦織選手、2回戦突破! [テニス]

 全米オープンテニスで、錦織選手が、きのうの2回戦で、

 第11シードのチリッチ選手をフルセットの上、破りました。

 試合を詳しく見ていないので、何とも言えないのですが、

 非常に粘り強くなったことは確かです。

  チリッチ選手の持ち味である、強力なサービスの調子が

 あまり良くなかったことがありましたが、ストローク戦では、

 打ち負けることはなくなりました。

  これから、順当にいくと、4回戦で全仏準優勝のソダーリング

 選手と当たります。

  ここからは、タフな試合が続きます。

 また、その次はフェデラーです。 フェデラーとの対戦を是非みて

 見たいと思います。

 渋谷区代々木駅前の税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!

全米オープン開幕 [テニス]

 きのうから、テニスの全米オープンが開幕しました。

 1回戦、錦織圭選手は、快勝しました!

 次は、第11シードのチリッチ(クロアチア)選手ということで、

 身長198㎝からのビッグサーブを持つ強豪ですが、頑張って

 ほしいです。

  今年の男子は、前年優勝のデル・ポトロ、ツォンガがケガで

 欠場しているのが残念ですが、ナダルの年間グランドスラム

 なるかが注目です。

  対抗としては、復活をかける王者フェデラーや最近好調の

 ソダーリング、ベルティヒなどが注目されます。

  女子も、セリーヌとエナンが欠場でさびしいですが、ヴィーナス・

 ウイリアムズやウィンブルドンで復調の兆しがみられたシャラポワ

 に注目が集まります。

  第1シードとなったウォズニアッキにも初優勝のチャンスが出てきました。

  また、楽しみな2週間が続きます!

 渋谷区代々木駅前の税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です! 

ナダルの連勝 [テニス]

  サッカーのW杯も、佳境に入ってきましたが、ウィンブルドン

 テニスは、おとといの夜に男子決勝が行われました。

  王者フェデラー(スイス)を準々決勝で破ったベルディヒ(チェコ)に

 期待しましたが、3-0のストレートでナダル(スペイン)に敗れました。

 ナダルは、昨年はケガに泣かされましたが、すっかりフットワークは

 全盛期並みに回復し、要所ではフォアに回り込んでの強打で圧倒しま

 した。

  ナダルは、うまくストロークをベルディヒのバックに集めて、ベルディヒ

 得意のフォアの強打を封じたことと、ベルディヒが勝負どころで、ファースト

 サーブが入らず、甘く入ったセカンドサーブを叩いて、逆襲に成功しました。

  ベルディヒは、サーブは強力で、ストローク、ボレーのコンビネーションも

 良く、ソダーリング、デル・ポトロ(ケガで欠場)とともに、今後は世界のトップ

 ランクでの活躍が期待されます。

  ゲームカウント4-4以降の勝負どころや、タイブレイクでも、普段のサーブ
 
 でエースを取ることができるかどうかが、フェデラーのようなトップとの差である

 と感じました。

  ナダルも、生涯グランドスラムとなる悲願の全米制覇は、好発進となりました!

  渋谷区代々木駅前の税理士・司法書士・社会保険労務士事務所です!  

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。